学校の成績を上げる効果的な方法について

学校の成績を上げる効果的な方法について最近あれこれと考えてみました。
というのも、私の母伝てに母の職場の方から相談がやってくるからです。
ここではっきりさせておかねばならないことは、私は教師免許を持っている訳でも大学の教育学部を卒業した訳でもない、ということです。
大学在学時家庭教師と塾の講師をしていたくらいですが、現在高校、中学生の親御さんである私の母の同僚たちは効果的に成績を上げる方法はないのかと、よく聞いてきます。
あるにはあるのですが、これは塾の講師の先生方もよく言っていたことなのでめきめきあがる子、そうでない子に分かれます。
ズバリ、本人のやる気の問題です。
親がどうしてもエリート高校や大学に行かせたがっても子供にその意志がなければ、どんなにがんばれ、と言ったところで無駄なもの。
やる気がないのに成績が上がるのは要領がいい子供か、親が子供の塾などの学費にお金を湯水のように注げ込める経済状況があってこそのことです。
学校の成績をできるだけお金を使わないであげる為に、一番いい方法は学校の先生と生徒が仲良くなることです。
とにかく先生に質問し、アドバイスをもらう。
これにつきます。
拍子抜けするかもしれませんが、この方法で私の教え子はみんな、私が教えるよりも学校の先生のおかげで成績が上がってしまいました。
私が成績が学年どんけつから一位まであがった方法ですから確証が持てるものです。
成績に不安がある子は、ぜひ、学校の先生と仲良くなってどんどん教えてもらうといいと、ふと思ったのでした。